human

人を知る

新業態「むさしの森珈琲」でマネジャーをする意味


 
【新卒】原田 大輔さん(むさしの森珈琲 マネジャー)
 
「みんなの幸せを考える」ことをモットーに、様々な業態でマネジャーを務めてきた原田。現在は新業態「むさしの森珈琲」のマネジャーとして、お客様に喜んでもらえる空間づくりとクルーがやりがいと楽しさを感じる職場づくりを目指して日々奮闘中。
 
>>> 新卒採用のエントリーはこちらから <<<
 
 
 

Q. すかいらーくに入社したきっかけは?

 
大学時代はアミューズメント業界のホールアルバイトをしていたので接客業に就きたいとは考えていましたが、飲食の経験はありませんでした。そんな時、就活サイトで見つけたすかいらーくグループのニラックスに興味を持ち、説明会に参加してみました。その際に対応してくれた採用担当者との出会いが入社の決め手になりました。面接も堅苦しくなく、いい意味でフランクだったので緊張することなく、自分自身をさらけ出すことができました。面接が楽しいなら会社も絶対楽しいはずだと思い入社を決めました。
 
 

 
 
 

Q. 現在の具体的な仕事は何ですか?

 
入社後、様々な業態(ブランド)の店舗でマネジャーを経験し、現在は新業態の「むさしの森珈琲」でマネジャーを務めています。朝と夕方は珈琲店にとって最もお客様がいらっしゃる時間帯なので、この時間帯はフロアに出て、お客様に快適な環境を提供できているか、スタッフの動きやお客様の様子を確認しています。また、新店舗のオープンに向けたマニュアル作成も担当しています。マニュアルはクルー向けのものから社員向けのものまで、全てを一から作るので大変なこともありますが、新業態ならではで、とてもやりがいのある仕事です。クルーが足りなくて大変だった時期もありましたが、現在はクルーも増えてきたので、クルーの教育に特に力を入れています。
 
 

 
 
 

Q. 楽しいこと、やりがいは何ですか?

 
現在は店舗での業務が多くクルーとの距離が近いこともあり、クルーの成長を直接感じることができます。日々成長していくクルーの姿を見ることができるのがとても嬉しいです。またお客様から「美味しかった」「スタッフの対応が良かった」など直接聞くことができることもやる気につながります。すかいらーくでは新業態でなくても、「どうしたら売上をあげることができるのか」を自分で考えて提案し、その案が通れば実際に店舗で実行することができます。新しいことに挑戦することが好きな私にとっては、そこがとても楽しいところです。すかいらーくは個々の可能性を最大限に引き出してくれる環境があり、やりがいを感じることができる会社だと思います。
 
 

 
 
 

Q. 今後の目標を教えてください

 
近い将来、この「むさしの森珈琲」の店舗数を100店にすることが目標です。自分のポジションはどうであれ、お客様に喜んでもらえる空間づくりに励み、クルーもやりがいと楽しさを感じることができる職場づくりを目指しています。以前上司が教えてくれた「みんなの幸せを考える」ということを第一に、お客様だけでなく、クルーとも真剣に向き合っていきたいです。
 
 

 
 
 
※所属部署、役職およびインタビュー内容は取材時(2016年12月)のものです。
 
 
>>> 新卒採用のエントリーはこちらから <<<
 
 

インタビュー

おすすめ情報