human

人を知る

100の職種があるフィールド。すかいらーくと共にキャリアを歩む。

 00  profile   

夢庵  マネージャー

阿部 高士 さん

2018年に新卒入社。

大学時代は社会福祉学部・社会福祉学科に所属しながらすかいらーくでアルバイト。
入社後は神奈川県横浜市の夢庵・釜利谷店にてアシスタントマネージャーとして半年間の研修。
東戸塚店での勤務を7ヶ月経験した後に、小平店にマネージャーとして着任。
自らのアイデアを活かしながら、店舗をより良くするために奮闘中。

 

 

 01 成長できる環境に惚れた   

Q. すかいらーくに入社した決め手は何ですか?

元々4年間すかいらーくでアルバイトをしていたのですが、そちらの社員の方々が非常に魅力的に見えました。仕事のことはもちろん、モラル、「人として」の部分など、人生の役に立つことをアルバイトに教えながら店舗を引っ張っていく姿を見て、「自分もこうなりたいと思うようになりました。
また、仕事自体も主婦の方々や学生など様々な年代のスタッフと関わりながら店舗を運営していくことが非常に楽しく、自分に合っていると感じ、就職活動では外食産業をメインに考えていました。

アルバイトのときには店舗のマネージャーやアシスタントの方々との関わりのみで他の職種のことを知りませんでしたが、就職活動を機に改めてすかいらーくのことを調べると、その活躍のフィールドの広さに驚きました。すかいらーくにはなんと100の職種があり、飲食業界にいながらも様々な分野に関わることができるのです。「自己申告」「社内公募」などの制度もあり、入社後にチャレンジできる環境があることは私にとって非常に魅力的で、入社の決め手になりました。

 

 

 02 自分のアイデアが数字に現れる。人に影響を与える。   

Q. どんなお仕事をしていますか?

様々なことを任せていただいていますが、今はアルバイト36名を抱える夢庵・小平店のマネージャーとして店舗の数値管理や人財育成、マーケティングを行うことが主な仕事です。

 

Q. 数値管理について詳しくお聞かせください

店舗において考慮すべき数値は様々ありますが、小平店に着任した際に最初に着目したことは、「コストを使いすぎている」ということで、改善するにはクルー一人ひとりの生産性を上げることや、道具や環境の整備をする必要がありました。私が口だけで指示するのは簡単ですが、それでは改善されないだろうと考え、全ての時間帯で私自身の動きをじっくりと見てもらい、その上で「ここをこうしていこう」と一人ずつ丁寧に指導しました。これにより少しずつではありますが改善され、今ではコストが前年対比で80%ほどに抑えられています。
数値で見える効果だけでなく、クルーのモチベーションも上がり、学生同士で「この時間までにここまで終わらせよう」などの声かけが生まれたことは非常に大きな成果かなと思っています。

 

Q. 人財育成について詳しくお聞かせください

店舗は私一人では営業できませんので、人財の育成には非常に力を入れています。特に学生のクルーには仕事のことだけでなく今後の人生に役立つような様々なことを教えていきたいと思っています。

多くの方の育成に励んできましたが、その中で私が意識していることは「自分が伝えたいことが最大限伝わる方法、タイミングで伝える」ということです。私自身もアルバイトをしていましたので、同じ相手であってもタイミングや気分によっては感じ方が違うということは認識していました。

私はクルーのその日の表情や態度から相手のことを汲み取り、いきなりこちらの伝えたいことを伝えるのではなく、仕事に関係のない話や世間話をしたのちに本当に伝えたいことを伝えるようにしました。やはり私もクルーも気持ちよく働くのが一番ですからね。そうして育成してきたクルーもいずれは抜けていってしまうのですが、その際に「ありがとうございました!」や「この店舗で働けてよかったです!」と言われたときには涙が出るほど嬉しかったのを鮮明に覚えています。

 

Q. マーケティングについて詳しくお聞かせください

コロナウイルスが蔓延している中、私たちも様々な工夫をしていかなくてはなりません。

私が実際に行った取り組みは店舗の外に向ける看板の製作によるテイクアウトの販促です。業界全体が苦しい中、テイクアウトに関しては数字が伸びていることが一目瞭然でしたのでなんとかしたいと考えていたところ、エリアマネージャーから「自分で材料を買ってきて看板を作る」というアイデアをいただき、実際に取り組んでみました。私自身まだ入社して2年と経験が浅い分、引き出しが少ないのでこのようなアドバイスは非常に助かります。

店舗の責任者として任せていただけるやりがいを感じながらも、いつでも他の方がカバーしてくださるので、すかいらーくは安心して積極的にチャレンジできる環境が整っていると思います。

 

 03  あの頃見ていた社員のように魅力的に  

Q. お仕事で一番大切にしていることは?

身近な人に「感謝の気持ちを伝えることです。
店舗の運営は決して私一人ではできません。クルーの方々、エリアマネージャー、他の職種の方々がいて初めて仕事ができているということを忘れずに、小さなことであっても日頃から「ありがとう」を伝えるようにしています。それによって特に学生とは勉強や就活、恋愛のことまで相談をしてもらえる関係ができおり、私自身楽しくお仕事をしています。

私が学生時代のアルバイトで社員の方々が魅力的に見えたのと同じように、私の姿をみて「こんな人になりたい!」と思ってもらえていれば嬉しいですし、そう思ってもらえるように行動しないといけないと思います。

 

 

 04  すかいらーくと共にキャリアを歩む  

Q. すかいらーくに入社してよかったことは?

まずは「人、環境がいいということです。すかいらーくでは部門間での異動もあるのですが、移動した後も皆さんが気にかけてくださります。これだけ規模の大きい企業でここまで人と人との関わりが強い企業はなかなかないのではないでしょうか。仕事をしていて不安感がないため、様々なアイデアが出る。それによりいい成果が出て評価していただける。それを糧に頑張ることができる。すかいらーくの人や環境によってこのような好循環が生まれていると感じます。

もう一点はやはり「職種の豊富さです。100の職種があり、マネージャーになってからのキャリアパスが多く用意されています。入社時とやりたい仕事が変わるということはよくあることだと思っていますし、むしろそれが当然だと思います。そうした際に転職しなくともすかいらーくで実現することができるということは安心感とともにモチベーションに繋がっています。「自己申告」「社内公募」などの制度があるため、いくらでもチャレンジすることができます。

 

 

05  「目標を持って頑張る」ことができる人と働きたい  

Q. こんな人に来てほしい、こんな人なら御社で活躍できるはいかがでしょうか?

一番は「目標を持って頑張れる人ですね。すかいらーくにはチャレンジできる文化はあります。活躍できる人は能動的に目標を立ててどれだけ努力し続けられるかどうかということは大切だと思います。

逆に言うとそれさえあれば「すかいらーくはとことん支えてくれますし、なんでも実現できる環境は整っていると思います。





 
 
 

 06  すかいらーくと共に成長する  

Q. 最後に、あなたにとってすかいらーくとは。

『人として、その職種のプロとして自身をずっと成長させてくれる場所』

ーそう満面の笑顔で語っている阿部さんの目は、とても輝いていました。ー

すかいらーくではたらく魅力を 見る・聞く・相談できる「リクルーティングセンター」

おすすめ情報

インタビュー