human

人を知る

好奇心を満たしてくれる仕事が すかいらーくには、たくさんある


から好し エリアマネジャー
池田 結実 さん

2007年4月に新卒入社。
2009年にマネジャーに昇格し、全国のガストでマネジャーを務める。
店舗だけでなく本部での経験も豊富で、新卒採用のリクルーターや広報など、幅広い職種で活躍する。
2018年に再度店舗に復帰し、現在は「から好し」の12店舗を担当するエリアマネジャー。

 

人が集う“場所”へのこだわり

大学時代に喫茶店でアルバイトをしていて接客業には親しみがあったので、就職活動はサービス業に絞っていました。
なかでもこだわったのは人が集まる“場所”があるという環境でした。
外食以外にも小売や鉄道、銀行など直接お客様と接することができる業界を中心に選考を受け、3社から内定をもらいました。

そのなかで、すかいらーくに決めたのはズバリ「人の魅力」です。
選考で関わったリクルーターの方々は、就活の相談にものってくれて、親身なアドバイスもしてくれました。
選考が進むにつれ「こんな人たちと一緒に仕事をしてみたい」という想いが強くなり、いつしか第一志望になっていました。

 

マネジャーとして大切にしたのは「笑顔と感謝」

入社後はガストでアシスタントを経験し、3年目でマネジャーになりました。マネジャーになってからも学ぶことはたくさんあり、試行錯誤の毎日でした。
年齢層も幅広く、立場や考え方もさまざまなクルーとのコミュニケーションで大切にしたのは「笑顔と感謝」を忘れないこと。
どんなことでも「ありがとう」と言い、笑顔で接し続けることで、いつかは絶対に笑顔で返してくれる。
私自身クルーとの関わりのなかで多くのことを学び、ときにはクルーに頼ることも必要だと気付くことができました。
多様な価値観を受け入れることができるようになったことで一回り成長できたと思います。

 

店舗から本部勤務へ。念願だったリクルーターも経験

マネジャーとして数店舗を経験したあと、本部で新卒採用をおこなうリクルーターに選ばれました。
入社当時から希望していた念願の仕事です。
自分が就職活動をしていた当時、リクルーターとの出会いですかいらーくへの入社を決めたこともあり、自分も同じ立場で多くの学生にすかいらーくの良さを伝えたいという想いがあったのです。

ただ実際にやってみて、想像していた100倍くらい大変でした。
学生は会社のことについて、あらゆる角度から質問してくるので、それらに答えられないといけない。
伝え方も人によって変えるなど、工夫も必要でした。
それは、その後に経験した広報の仕事でも同じでした。
広報では社内報の編集からマスコミ対応や社外に向けた情報発信まで業務が多岐にわたるので、社内、社外問わず、さまざまな立場の視点が必要なのです。
立場の違いで見え方が変わり、それに合わせたコミュニケーションの方法があるということを学んだと同時に、店舗でのマネジャー経験がいかに大事かということも再認識しました。
マネジャー仕事には、すべての仕事の基本が詰まっている。
だから本部にいても、いつでもマネジャーができる自分でいたいと思っていました。

 

 

店舗に復帰し、新たなブランドにチャレンジ

広報を経験したあと、2018年に店舗に復帰し、現在は「から好し」のエリアマネジャーとして、東京・神奈川・山梨・青森の12店舗を担当しています。
店舗復帰にあたり、慣れ親しんだ「ガスト」ではなく「から好し」を選んだのは、せっかくなら新しいことに挑戦してみたいという気持ちと、
まだ新しいブランドなので、新店のオープンを数多く経験できるチャンスだと思ったからでした。

実際にこの1年で店舗数は30店から60店と倍になりました。
担当しているエリアでも新店が多く、店舗によって抱えている課題はさまざま。
その課題をマネジャーと共有し、一緒に対策をたて、取り組んでいくのがエリアマネジャーの仕事です。

本部から店舗に復帰したのが1年半ほど前。
以前にマネジャーをしていた「ガスト」とは勝手が違う部分もあって、少し戸惑いはありましたが、いま思えば激動の1年半でした。
「から好し」にアシスタントとして復帰し、3か月でマネジャーになり、プロモーターとして多くの新店をオープンさせ、昨年7月にエリアマネジャーに昇格しました。

 

見たことのないものを、もっと見てみたい

店舗のキャリアでは、マネジャーのあとにプロモーターを経験し、エリアマネジャーになることは目標とするコースです。
私もいつかは経験してみたいと思っていたので、それができていることは、とてもうれしいですし、やりがいも感じています。
だから今は、エリアマネジャーとしてマネジャーのサポートをしっかりできるようになって、エリアをもっと成長させたいと感じています.

入社から今まで、全国各地の店舗で勤務したことや本部での経験など、
さまざまな環境で仕事をさせてもらったことは、すごく楽しかったですし、とてもいい経験になりました。
私は好奇心が強いほうなので、今後も自分の好奇心を満たすことのできる仕事をしていきたい。
見たことのないものを、もっと見てみたいです。

エリアマネジャーになって、マネジャーでは見えていなかったものが見えるようになった。
それがすごく楽しい。
営業部長になれば、見えていなかったものがもっと見えるようになるでしょうし、経験したことのないバイヤーや生産系の職種であれば、今までまったく知らなかったことが知ることができる。
将来的にはそういう新しいことに常にチャレンジしていたいです。
すかいらーくには、本当にいろんな職種があるので、社内にいながら転職するような感覚でさまざまな職種を経験できる。
だから決して飽きることはないですね。
私の好奇心を満たしてくれる仕事がまだまだ、すかいらーくにはたくさんあるのです。

 

※所属部署、役職およびインタビュー内容は取材時(2020年1月)のものです。

 

新卒採用のエントリーはこちら

すかいらーくではたらく魅力を 見る・聞く・相談できる「リクルーティングセンター」

インタビュー

おすすめ情報