human

人を知る

すかいらーくへの入社を決意させた一言とは


 
【新卒】関 拓哉 さん (藍屋 アシスタントマネジャー)
 

2016年4月に新卒入社。WEB系の専門学校に通いながら「藍屋」でクルーを3年経験。就活当初は学んできたWEB制作の知識を活かせる会社への就職を志望していたが、すかいらーくの選考で出会う社員の魅力や「人」を大事にする風土に惹かれ入社を決意。
 
 
>>> 新卒採用のエントリーはこちらから <<<
 
 
 
 

就活当初はIT・広告業界を志望

 
クルーをしていた頃から「すかいらーくの社員になるのもいいな」と漠然と思うこともありましたが、実際に就活を始めて選考を受けたのは、専門学校で学んでいたWEB制作の知識を活かせるIT関連の企業や広告代理店でした。様々な企業の選考を受ける中、とある企業での出来事が自身の就職観を大きく変えるきっかけに。それは受付で僕が専門学生だと知るやいなや態度が一変し、学歴や資格の有無だけを重視しているのがはっきりわかったのです。その瞬間から就職先を選ぶ基準が「そこで働く社員が、きちんと内面を見てくれるかどうか」に変わりました。
 

 
 
 
 

ここで働きたいと強く思った瞬間

 
すかいらーくの選考を受けたのは、クルーをしていた「藍屋」の先輩社員からの勧めでした。1日で選考が完結する「1DAY選考会」に参加したのですが、面接では学校での勉強から趣味のことまで、ざっくばらんに色々なことを聞いてもらえました。そして、その場で「是非、関くんと一緒に働きたい」と言われたのです。この時すでに2社から内定をもらっていましたが、そのまっすぐな一言に僕自身を本当に必要としてくれていると感じ、ここで働きたいと強く思った瞬間でした。
 
 
 
 

失敗から学ぶことの繰り返し

 
入社してからは失敗の連続です。特に食材の発注にはとても苦労しています。必要数よりも多く発注してしまったり、逆に発注した食材が足りなくなり、他店舗に借りに行くことも。クルー時代に近くで社員の仕事を見てはいましたが、数字を気にすることはなかったので「社員はこんなところまで気を使っていたんだ」と今になって分りました。今の店舗のマネジャーは失敗してもきっちりフォローしてくれ、尚且つ色々なことにもチャレンジさせてくれる。だからこそ身を持って覚える。経験を積むことで体で覚えるのだと思います。今はとにかくスキルを向上させて、2年後のマネジャー昇格が目標です。
 

 
 
 
 

すかいらーくに入社してよかった

 
就職先を選ぶ基準とした「ありのままの自分を理解してくれる会社」「自身が本当に働きたいと思える会社」を満たす会社、それがすかいらーくでした。また他にも福利厚生がしっかりしているという点も決め手のひとつでした。実際に入社して感じるのは残業代が全額支給されるのは大きいということ。当時内定をもらっていた2社とも中小企業だったので、残業代は全額支給ではなかったのです。給与明細を見るたびに「選択は間違ってなかった」と実感しています。安心できる環境で働けることは、自分にとっても家族にとっても大事ですからね。
 

 
 
 
 
※所属部署、役職およびインタビュー内容は取材時(2017年1月)のものです。
 
>>> 新卒採用のエントリーはこちらから <<<

おすすめ情報