human

人を知る

クルーだった自分がなぜ「すかいらーく」を選んだか

 
【新卒】福岡 勝義 さん (財務本部 フィールド・コントローラーチーム)
 
高校生から始めたガストのクルーを7年経験し、すかいらーくに新卒で入社。入社後1年半でマネジャーに昇格。その後、念願だったリクルーターとして採用業務を経験し、本部へ異動となる。現在は店舗での経験を活かし、ガストの予算管理を担当。日々の進捗状況と課題分析に奮闘中。
 
 
>>> 新卒採用のエントリーはこちらから <<<
 
 
 
 

就職を意識して気付いたこと「すかいらーくってすごい!」

 
高校1年生の時からガストでアルバイトを始め、大学卒業までの7年間をクルーとして勤務していました。就活をしていた当初は、業界は特に絞らずに大手の会社を中心に探していました。「影響力のある仕事がしたい」「大きな仕事がしたい」という漠然とした思いがあったからです。選択肢のひとつくらいの軽い気持ちですかいらーくの説明会にも参加してみました。その時に聞いた「ドリンクバーはガストが初めて」ということや「オーダーエントリーシステムは、すかいらーくが先駆け」など、クルーの時には知らなかったことが沢山あり、ちょっとした衝撃でした。「すかいらーくなら、大きな仕事ができるかも」徐々に志望の意思が固まっていきました。
 
 
 
 

入社1年半でマネジャーに。新店と既存店の違いに苦労

 
入社後、2店舗目で配属された新店がとてもいい経験になりました。新店には店づくりのすべてが詰まっていて、やりがいと共に多くのことを学びました。実は入社後に一度「辞めたい」と思ったことがあったのですが、そんな気持ちもなくなっていました。その後、入社1年半でマネジャーになり、最初の店舗も新店でした。一から店舗を作っていくことができ、自信もついてきたと感じ始めていたそんな時、既存店舗へ異動になり、店舗づくりの難しさを痛感しました。新店では、スタッフも自分が採用したクルーで、店舗のルールも自分で決めることができる、しかし既存店では、そうはいかない。自分がおかしいと思うことを一つ一つ変えていくことには、かなりのパワーと時間が必要でした。大変でしたが、今となっては、ここで踏ん張れたことがとてもいい経験になっています。

 


 
 
 
 

憧れだったリクルーターに自分も挑戦

 
店舗でマネジャーを経験した後、本部へ異動になり、新卒採用のリクルーターを経験しました。入社以来ずっとやりたかった仕事で、いつも希望を出していたので、念願が叶ってとても嬉しかったです。何故リクルーターをやりたかったのか。それは自分が入社するきっかけを作ってくれた、当時のリクルーターの影響からです。リクルーターの方から色々と話しを聞くうちに自分が働く姿がイメージできるようになっていった。自分もすかいらーくで働く楽しさを多くの人に伝えられるようになりたい。自分がリクルーターに憧れて入社したように、影響力のある存在になりたい。そんな思いで、先輩リクルーターから多くのこと学びました。
 
 
 
 

店舗経験がものを言う「予算管理」の仕事

 
現在は本部で予算管理の業務を担当しています。複数あるブランドの予算(目標)と実績の管理をする業務です。現在はガストの担当で、全国1,300店の予算管理を2人のメンバーで行っています。進捗の管理から達成見通し、課題や施策をブランドリーダーに提案することまで、全てを担当しています。達成状況が店舗の評価になるので、とても責任のある仕事です。異動になった当初は分らないことだらけで、今でもそうですが、とにかく毎日数字とにらめっこをして、分析する目を養っています。あと常に考えているのは「店舗の事を忘れてはいけない。店舗にとってプラスになるか」ということ。店舗で苦労した経験があるからこそ、なおさら大事にしています。
 


 
 
 
 
※所属部署、役職およびインタビュー内容は取材時(2016年12月)のものです。
 
>>> 新卒採用のエントリーはこちらから <<<

おすすめ情報