human

人を知る

遊園地と同じくらい、わくわくする場所がここだった


 
【新卒】宮本 健太さん(購買本部 魚介チーム)
 
幼い頃の家族との楽しい外食の記憶、家族みんなが笑顔になることができる場所をつくりたいという想いから、すかいらーくへの入社を決意。複数の店舗でマネジャーを経験し、本部へ異動となる。現在は購買本部でバイヤーとして魚介を担当している。
 
>>> 新卒採用のエントリーはこちらから <<<
 
 
 

Q. すかいらーくに入社したきっかけは?

 
幼い頃から料理が好きで、家族に美味しいと喜んでもらえることが嬉しくて、就職活動では食品メーカーと外食業界を受けていました。子供の頃たまに行く外食は家族が集う時間であり、私にとっては遊園地のようにわくわくする特別な空間でした。そんな記憶から「家族みんなが笑顔になる場所をつくりたい」「ファミリーを幸せにしたい」という想いを叶えることができる会社を探していた時にすかいらーくに出会いました。高級レストランにはない身近さと安心感、そして外食チェーンとして規模が大きく店舗数も多いので、より多くの家族に幸せを提供することが出来ると思い入社を決意しました。
 
 
 

Q. 現在の具体的な仕事は何ですか?

 
購買本部でバイヤーの仕事を担当しています。実は入社当時はバイヤーという職種があることを知りませんでした。しかし大学時代の友人と仕事の話しをする機会が多くなるにつれ「もっと自分の価値を高めたい」と思うようになり、購買本部への異動を希望しました。現在は魚介チームに在籍していて、メニュー開発部から「もっと質を向上させたい」「新メニューに使いたい」といった依頼があると希望の大きさや色、スペックなどを確認した上で水産メーカーや食品商社に話を持ちかけます。食材や地域によって水揚げ時期や商談時期が違うので、より良い素材を求めて産地を変えたり、築地などの市場に行ったりすることもあります。
 
 

 
 
 

Q. 楽しいこと、やりがいは何ですか?

 
新メニューの開発で、バイヤーという立場から提案ができることです。出向いた産地で見つけた「これを売り出したら売れるのでは」といったものや「素材を変えたら売れるのでは」「利益率があがるのでは」などを考え、提案する面白さがあります。またスケールが大きく動かす金額も大きいので責任はありますが、それにも増したやりがいを感じています。例えば牡蠣をキロ単位で値下げができると、全体では大幅なコスト削減になり、会社だけでなくお客様にも喜んでいただくことができます。スケールの大きい仕事を任されていることを感じられる会社。それがすかいらーくです。
 
 
 

Q. 今後の目標を教えてください

 
魚介チームを担当してまだ2年で、扱ったことのない素材や知らないこともたくさんあります。まずは魚介だったら何を聞かれてもこたえることができるプロになりたいです。その後は肉や野菜、加工まで知識を広げ、誰にでも認められるバイヤーになりたいと思っています。
 
 

 
 
※所属部署、役職およびインタビュー内容は取材時(2016年12月)のものです。
 
 
>>> 新卒採用のエントリーはこちらから <<<
 
 

イベント情報

おすすめ情報