environment

環境を知る

フードサービス用語集

■あ行の用語

・アイドルタイム
比較的混雑しない時間帯のこと、主に14時から17時のティータイムを指すことが多い
 
・イートイン
店舗内での食事のこと、テイクアウトやデリバリーを含まない
 
・イニシャルコスト
初期投資のこと、主に店舗の開店の際にかかるコスト全般のこと
 
・インストアメディア
すかいらーく店舗内で行われる他社の広告宣伝のことを指す
 
・ウェイティング
店舗が満席の際に空席待ちの顧客がいること
 
・内食
主に家庭内で調理される食事のこと。外食、中食と区分される。
 
・営業許可
店舗を開店する際、食品衛生法などに基づき保健所が指導を行い、各都道府県知事からおりる許可のこと
 
・エリアマネジャー
すかいらーく店舗のマネジャーを管理・指導するスーパーバイザーのこと
 
・エンゲル係数
家計の総支出に対する食費のパーセンテージのこと
 
・オペレーション
主にすかいらーく店舗での調理や接客、トレーニングなどを指し、マネジャーの日常の管理業務までを含めることもある
 
 

■か行の用語

・外食
飲食店での店舗内での食事のこと
 
・外食比率
家計の食料支出全体に占める外食支出の割合のこと
 
・回転率
1時間当たりの客数を席数で割ったもの
 
・価格感応度
商品の価格による購買行動の変化、高いほど価格変化と購買行動が連動する
 
・価格訴求
主に低価格であることを売り物にすること
 
・家計調査
全国約9千世帯の方々を対象として、家計の収入・支出,貯蓄・負債などを総務省統計局が毎月行っている調査
 
・カジュアルレストラン
中価格帯のレストランのことを指す、すかいらーくの店舗は基本的にカジュアルダイニングと定義
 
・可処分所得
実収入から、税金や社会保険料などの非消費支出を差し引いた手取り収入のこと
 
・カニバリゼーション
自社サービスや店舗どうしが競合するために、市場の共食いが発生してしまう現象
 
・既存店
開店して1年以上経過した店舗のこと、すかいらーくでは13か月以上営業している店舗を指す
 
・客層
商品を購入する、もしくは購入の可能性のある顧客の特性のこと、年代や性別などで分類する
 
・客単価
売上を客数で割ったもの、イートインやテイクアウト、デリバリーはそれぞれ定義する
 
・業態
営業の形態のこと指すが、すかいらーくではガストやバーミヤンといった”ブランド”と同義で使用する
 
・クオリティ
主に商品の品質のことを指す
 
・クーポン
チラシや雑誌、電子媒体を使って顧客が割引等を受けることができる商材
 
・口コミ
友人、知人、他人など消費者同士の情報伝達
 
・クレンリネス
清潔、汚れのないこと
 
・クルー
すかいらーくのパート、アルバイト社員のことを指す
 
・顧客満足度
顧客が期待する商品・サービス・価格などに対し、どれだけ満足しているかを数値化した指標
 
・個食
一人でとる食事のこと、=孤食
 
・コストパフォーマンス
費用対効果、飲食では商品やサービスの価格に対する品質で使われる
 
 

■さ行の用語

・サービス
売買した後にモノが残らず、効用や満足などを提供する、形のない財のこと。フードサービスでは主に接客のことを指す
 
・最低賃金
最低賃金法に基づき国が賃金の最低額を定め、使用者は、その最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならない
 
・三六協定
労働時間の延長について労使間で取り決められた協定のこと
 
・サラダバー
客席ホール内に設けられたセルフサービスの冷蔵陳列台、またはそれを使用すること
 
・参入障壁
市場において後発の企業が負うべき負担、設備投資など
 
・時間帯責任者
マネジャーの不在時にマネジャーに代わり業務を一部代行し一定の権限内の仕事をするもの
 
・時間帯別メニュー
モーニング、ランチ、ディナーなど時間帯に限定して提供するメニュー
 
・スタンバイ
料理の下ごしらえや食器の準備などの営業準備
 
・出店コスト
=イニシャルコスト
 
・消費者物価指数
全国の世帯が購入する財やサービスの価格の平均的な変動を測定するもので、総務省統計局が毎月作成
 
・食材ロス
食べれる状態である食材を廃棄すること、調理ミスや賞味期限切れなど。一定の歩留まりを超えたものを指すことが多い
 
・スケールメリット
規模が拡大されることにより、製品1単位当たりの仕入額や生産コストが下がることを指す
 
・ストアコントローラー
POSレジスタを制御し、そこから伝達されたデータを管理するコンピューター
 
・接客生産性
主に時間当たりの接客人数や売上のことを指す
 
・セントラルキッチン
店舗の調理負担を軽減したり、コストを削減するために食材の一次加工をする工場
 
 

■た行の用語

・ターゲット
マーケット全体のうち性別や年代など市場を細分化し、絞り込んだ見込み顧客のこと
 
・滞在時間
顧客が席を占める時間のこと
 
・宅配
=デリバリーのこと
 
・食べ放題
定額で料理やデザートなどを何度でもお代わりできるシステム、=バイキング
 
・チェーンストア
同一資本にて多店舗展開を行っている小売業、飲食店のこと
 
・直営店
会社が直接運営しており、フランチャイズではない店舗
 
・提供時間
顧客がオーダーしてから料理を提供するまでの時間
 
・テイクアウト
店舗外で飲食するための料理を店舗外に持ち運ぶこと
 
・ディナーレストラン
カジュアルレストランより客単価が高く、ディナー時の営業を中心とするテーブルサービスレストラン
 
・テーブルサービス
客席において料理提供を行うなどのサービス形態。これに対してファーストフードなどではセルフサービスという
 
・テナント
建物のスペースの一部や全体などの不動産を賃貸する企業のこと
 
・デリバリー
電話やインターネットにより注文した商品を自宅や指定した場所まで宅配すること
 
・動線
作業動線。作業のために移動する人の動きを結んだ線
 
・ドミナント戦略
特定の地域に集中して出店する戦略のこと
 
・ドライブイン
幹線道路沿いなどにあり、車で立ち寄れるレストランをドライブインレストランやロードサイドレストランという
 
・ドライブスルー
自動車に乗ったまま商品の購入・受け取りができる形態のこと
 
 

■な行の用語

・中食
主に店舗外で飲食するために、企業により調理された食事のこと、テイクアウトや惣菜がこれにあたる。内食、外食と区別する
 
・ナショナルチェーン
同一ブランドで全国展開するチェーンのこと
 
・ニーズ
消費者が漫然と感じている欠乏感のこと
 
・値ごろ感
消費者にとって商品に対して値段が適切であると感じること
 
 

■は行の用語

・バイキング
=食べ放題
 
・パブリシティ
新聞記事やテレビ番組など、メディアの報道を通して行われる広報活動のこと
 
・ハレ
祭りや行事など特別な日を晴の日とよび、特別な服を着たりごちそうを食べたりする日とされる
 
・販促
販売促進の略で、売り手が、買い手の購買心を刺激し、商品を購入させるために行う組織的な活動のこと
 
・フードコート
複数のセルフサービスの飲食店と共有の飲食スペースを備えた施設のこと
 
・フードサービス
サービスを伴う飲食物の提供のことで、外食はフードサービスにあたる
 
・プライスゾーン
取り扱う商品価格の上下の幅のこと
 
・フランチャイズ
加盟店方式の店舗のこと、ノウハウや看板を提供される代わりに決められたロイヤリティを企業に支払う
 
・ブランド
すかいらーくではガストやバーミヤンといった業態のことを主に指す
 
・ブローカー
売り手と買い手の間に立ち、売買を仲介する者のこと
 
・ポスシステム
店舗で商品を販売するごとに商品の販売情報を記録し、集計結果を在庫管理やマーケティング材料として用いるシステムのこと
 
・ホスピタリティ
もてなしやサービスの心構えのこと
 
 

■ま行の用語

・マーケット店
商品の全店販売の前に販売テストをするすかいらーく店舗を指す
 
・マーチャンダイジングセンター
一次加工を行う工場、物流機能を併せ持ったすかいらーくの施設のこと
・マニュアル
誰が行っても同じ品質で同じスピードでできるように示された作業手順書のこと
 
・マネジャー
すかいらーく店長のこと
 
・メニュー改定
死に筋の商品を廃止し、新たなメニューを加えるなどメニューの改廃のこと
 
 

■や行の用語

・要員計画
従業員を効率よく稼働させるための計画、売上計画に基づいて算出する
 
 

■ら行の用語

・リースバック方式
出店コストを軽減するため、地主に建物を建ててもらい、家賃に上乗せして定額を支払うシステム
 
・立地
店舗がある場所、またその条件(駅からの距離や住宅地など)のこと
 
・リピーター
同一商品を反復して購入する消費者、店舗に定期的に訪れる顧客のこと
 
・ロイヤリティ
フランチャイズ加盟店が本部に支払う経営権使用料、暖簾代のこと
 
・ロードサイド
幹線道路沿いなどにあり、車で立ち寄れる立地のこと
 
・ローカルチェーン
一部のエリアに集中して出店するチェーンのこと、ナショナルチェーンと区分する
 
 

■わ行の用語

・ワークスケジュール
作業計画や作業計画表のこと
 
 

■A~Z行の用語

・QSC
Q=クオリティ、S=サービス、C=クレンリネス

 

インタビュー

おすすめ情報